アプリケーション ホルムアルデヒドの分析

ポリアークまたはジェトナイザーを使用してGC-FIDでホルムアルデヒドの分析

ホルムアルデヒドは揮発性有機化合物であり、その化学的特性からガスクロマトグラフィーでの分析に理想的です。しかしながら、ホルムアルデヒドの分析手法は、サンプル操作と液体クロマトグラフィーを必要とします。これらのLCメソッドは、GC / FIDがスクリーニングレベルを満たすほど感度がよくなかった30年前に作成されました。近年のリアクター技術の進歩により、GCによるホルムアルデヒドが簡単かつ正確に分析できるようになりました。システムにPolyarcまたはJetanizerを追加することにより、サンプルの誘導体化なしで高感度分析を実現します。
ARC製品と組み合わせたGC / FIDによるホルムアルデヒドおよび他の分析物の実際の実験研究については、以下のデータを参照してください。

ジェトナイザーを使用した例


Experimental Conditions:

Inlet: 5:1 Split, 200°C
Oven: 40°C for 2 minutes
Ramp: 15°/min to 200° (hold 2 min)
Column: DB-1
Carrier Gas: Hydrogen, 5ml/min
Detector: Jetanizer at 400°C

Gas Chromatography with In Situ Catalytic Hydrogenolysis and Flame Ionization Detection for the Direct Measurement of Formaldehyde and Acetaldehyde in Challenging Matrices.

-Jim Luong, Dow Chemical Canada ULC

ポリアークを使用した例


Experimental Conditions:

Inlet: 100:1 Split, 250°C
Oven: 100°C for 2 minutes
Ramp: 10°/min to 140°
Column: DB-5
Carrier Gas: Helium, 2ml/min
Detector: Polyarc Reactor (FID 300°C)

Accurate Quantification of CO and CO2, Formamide, Formaldehyde, and Formic Acid using the Polyarc® Reactor
-Paul Dauenhauer, University of Minnesota

関連資料

ポリアークを使ったホルムアルデヒドなどの測定例 >

関連製品

ジェトナイザー

ポリアーク