アプリケーション 繊維の付着油剤量(OPU)の測定

パルスNMR(TD-NMR)を使用した繊維の付着油剤量(OPU)の測定

人工繊維の効率的な処理は、糸で加工され、次に織物または編み物によって織物を生成しますが、表面摩擦係数および静電荷を含む多くの特性に依存しています。
これらの特性の制御は、とりわけアクリル繊維、ポリエステル繊維、ポリプロピレン繊維、ポリアミド繊維などの合成繊維に規定量の油性コーティングを塗布することによって行われます。
これらの油性コーティングは、製造プロセスのさまざまな段階で行われます。
合成繊維製造における繊維の押出成形の場合もありますが、織布または不織布への適用の場合もあります。
繊維や布地のスピンフィニッシュを含む油性コーティングは次のようなさまざまな名前で知られています。
スピンフィニッシュ(SF)
ファイバーフィニッシュ(FoF)
オイルピックアップ(OPU)
カーディング潤滑剤
カーディングオイル
ステープルファイバーフィニッシュ(SFF)
テキスチャライジングオイル
コーニングオイル
糸のフィニッシュ(FoY)
スレッドの潤滑剤(LoT )
糸潤滑剤(LY)

繊維製品仕上げのための適切な量の油性コーティングを塗布することは、性能と経済性の両方の理由から重要です。
コーティングが多すぎると、繊維間の凝集力が不十分になったり、下流の機械に蓄積したり、繊維の挙動が制御されなくなったり、染色などの下流工程の問題が発生します。また、不必要にコストが増加します。
逆に、コーティングが少なすぎると、過度の摩擦による問題が発生し、糸の破損、過度の静電荷の蓄積、不安定な繊維挙動の原因となる可能性があります。

Oxford社の卓上型パルスNMR装置MQC+には、従来の溶媒抽出や油性コーティングの測定のための他の分析装置に比べて、次のような利点があります。
・誰でも簡単に測定できる直感的な方法。
・溶剤やその他の媒体不要
・試料前処理不要、繊維を直接測定可能
・優れた再現性により、低濃度でも正確な測定が可能
・大容量チューブで、試料前処理が簡単
・測定時間は約1分

さらに、MQC+は、フッ素化コーティング、ゴムなどのエラストマーコーティング、繊維の結晶化度、仕上げの除去などの測定にも使用できます。

関連製品

パルス核磁気共鳴装置 MQC+