ヒ素・セレン分析装置 PSA 10.055 EXCALIBUR

  1ppbセレンのシグナル
   
P S AnalyticalのPSA 10.055ミレニアムエクスカリバーは、水素化物発生法と原子蛍光法によってヒ素やセレンを測定します。
原子蛍光分光法は、感度と選択性が非常に高く、また5桁を超える優れた直線性という利点を持ちます。
ランプを交換することでヒ素、セレンの他にアンチモン、ビスマス、テルルをpptレベルで測定することもできます。
AsとSbの検出レベルは10ppt、Seの検出レベルは2pptです。 最適化されたマルチリフレクタンスフィルターを使用すると、10pptの検出レベルをTeおよびBiでも実現できます。

LCに接続して形態別物分析が可能

ヒ素やセレンはその化学形態によって毒性が異なります。3 価のヒ素は 5 価よりも毒性が高 く、有機ヒ素は無機ヒ素よりも毒性が低いとされます。
そのため、近年トータルのヒ素やセレンではなくその化学形態での測定の需要が増えてきています。
ExcaliburはLCと簡単に接続することができ、専用のソフトウェアを使用すればヒ素やセレンの形態別分析を行うことができます。

関連アプリケーション

形態別分析 >

関連資料

・オンラインUV酸化-水素化物発生原子蛍光法(UV-HG-AFS)を用いたFGD廃水中に含まれるトータルヒ素の分析 >