本文へスキップ

アステック株式会社 応用化学事業部は科学機器を取り扱う専門商社です。

TEL. 03-3366-0811

〒163-0075 東京都新宿区高田馬場4-39-7 高田馬場21ビル

環境分析装置Enviroment analysis


トップ製品一覧水質分析装置

  PSA社Millennium Merlin/Galahad 水銀分析装置 >詳細

 【特徴と性能】
本装置は、連続還元気化/冷原子蛍光法の組み合わせを採用してサンプル中の水銀を高感度に精度良く測定する装置です。さらに、金アマルガム/パージ&トラップを搭載しppt以下レベルの分析を可能にしました。

・ブロミネーション化学との組み合わせにより簡便に短時間に有機水銀を100
 酸化、数pptまでの検出限界を可能にしました。

2種類の測定モード(MerlinGalahadモード)は、分析用途によって使い分け
 可能。

Merlinモードは水銀の金アマルガム濃縮なしの冷原子蛍光法で、約2分で水銀の
 分析を行えます。EPA 245.7EN 13506に準じています。

Galahadモードは水銀の金アマルガム濃縮ありの冷原子蛍光法、
 Merlinモードより約30倍の感度が得られ、より低濃度の水銀分析が可能です。
 EPA 1631
EN 12338に準じています。

・オプションの小型燃焼炉採用によりガスクロマトグラフィーの検出器として  
 定性定量分析が可能です。

PCによる完全自動制御で操作も簡便です。

【用途】
海水、川水、排水、雨水、生活水、土壌、ポリマー、製薬、生体試料等

参考資料
Merlinモードによる測定

Galahadモードによる測定

測定元素 水銀、塩化水銀、有機水銀
方式 冷原子蛍光法
検出限界 0.1ppt(濃縮なし)
直線性 0.1ppt10ppm
分析時間 1分〜3分以内


  PSA社 
 Millennium Excalibur ヒ素、セレン、アンチモン、ビスマス、テルリウム分析装置
>詳細

【特徴と性能】
蒸気化システムと原子蛍光検出器を人間工学的にデザインし1つのコンパクトなケースに収納した水素化物発生/原子蛍光分析装置(HGAFS)です。毒物であるヒ素、セレン、アンチモン、ビスマス及びテルリウムのpptレベルまでの高感度分析が可能です。

・水素化発生/原子蛍光分析装置は、精度そして優れた感度を提供します。
・HPLCシステムとの接続が簡単で、数ppbレベルの検出下限で信頼性のある形
 態別分析を廉価で可能にします。
・多量のサンプル導入が可能です。
・コンパクトサイズ(46H×38W×35D cm)で広いスペースを 必要とせずに 
 ICP-MSと同等の感度を提供します。
・PCによる完全自動制御で操作も簡便です。 

【用途】
海水、川水、排水、雨水、生活水、土壌、ポリマー、製薬、生体試料等

参考資料
Excaliburによるヒ素の形態別分析測定

測定元素 ヒ素、セレン、アンチモン、ビスマス、テルリウム
方式 原子蛍光法
検出限界 ヒ素: 10ppt、セレン:2ppt、アンチモン:10ppt、
ビスマス:10ppt、テルリウム:10ppt
直線性 10ppmまで
分析時間 1分〜3分以内


  PSA社 
 Ser GalahadU 気体中の水銀分析装置
>詳細

【特徴と性能】
本装置は、金アマルガム濃縮と原子蛍光法を組み合わせており、気体中の水銀を0.1pg以下のレベルで測定することが可能です。また、プローブやサンプルコンデショナー、キャリブレーションデバイスなどのアクセサリーと組み合わせることによって大気、天然ガス、排煙などのガス中の水銀のモニタリン分析の検出器となります。

・オフラインとオンラインに対応
・オフラインー捕集したガスサンプルを装置にインジェクションして水銀を分析
・オンラインープローブを用いてガスを常時サンプリングし、ガス中の水銀モニタリン       グを行う
・モニタリングするガスによってSir GalahadUと組み合わせるアクセサリーが異なります。PSA社はお客様の要望にあった組み合わせを提供することができます。まずはご連絡ください。 

【用途】
大気、天然ガス、排煙

【測定元素】
全水銀、酸化水銀、粒子状水銀

【方式】
金アマルガム濃縮ー原子蛍光法

測定元素 全水銀、酸化水銀、粒子状水銀
方式 金アマルガム濃縮ー原子蛍光法


  PSA社 HPLC用原子蛍光検出器 
 PSA10.025 Millennium Merlin・・・水銀化合物形態別分析
 PSA10.055 Millennium Excalibur・・ヒ素、セレン、アンチモン化合物形態別分析
>詳細

【特徴と性能】
Millennium Merlinは水銀分析、Millennium Excaliburはヒ素、セレン、アンチモン分析に対応しています。通常二つの装置は、各元素の総量を高感度且つ高精度に測定する装置です。HPLC用原子蛍光検出器は、HPLCに接続してサンプル中の各化合物の分離を行うことで定量と定性を一度に行う形態別原子蛍光検出器(AFS)になります。アナログ出力(1V)でシグナルを出せるためA/D変換して通常ご使用のHPLCのソフトウェアにデータとして取り込めます。

・検出方式は、他元素の干渉の少ない原子蛍光法を採用しており、高
 感度かつ直線性に優れています。

・サンプル中の無機水銀、有機水銀(エチル水銀、メチル水銀)を
 分離してppbレベルの分析が可能。

ppbレベルのヒ素化合物の形態別分析可能(As(V),As(X), DMA,
 MMAなど)

ppbレベルのセレン化合物の形態別分析可能
 (セレノシステイン、亜セレン酸、セレノメチオニン、セレン糖、
  セレン酸塩など)

・サンプル中のアンチモン(V)、アンチモン(X)を分離してppb
 レベルの分析が可能。

・水系サンプルは、前処理なしの分析が可能。
・ご使用のHPLCに簡単に接続して形態別分析ができます。
・別売りでPSA社製HPLCも販売しています。

【用途】
海水、川水、排水、雨水、生活水、土壌、ポリマー、製薬、生体試料等

【参考資料】
Excaliburによるヒ素の形態別分析測定

測定元素 水銀、ヒ素、アンチモン
方式


水銀化合物:HPLC−還元気化−原子蛍光法

ヒ素化合物、セレン化合物、アンチモン化合物:HPLC−水素化物発生−原子蛍光法



  PSA10.225 水質用水銀オンライン分析システム
 PSA10.255 ヒ素、セレン、アンチモンオンライン分析システム
>詳細

【特徴と性能】
本装置は、水道設備や化学工程などの液体中の水銀またはヒ素(セレン、アンチモン)
の濃度をモニタリングのために設計されています。検出方法には原子蛍光法を採用
しているためより低濃度まで測定できます。また、分析用途に合わせてUVクラッカーや
やヒーターを追加することが可能です。


・各元素に対応したカソードランプがあり、容易に交換が出来ます。(PSA10.255)
・タッチスクリーン式
・イーサネットによるリモート操作可能
・電子メールによるデータとアラームの送信

【用途】
 水質モニタリング分析

【参考資料】
PSA 10.225による水銀のオンライン分析

測定元素 水銀、ヒ素、セレン、アンチモン
測定方式 PSA10.225/水銀:還元気化冷原子蛍光法
PSA10.255/ヒ素(セレン、アンチモン):水素化物発生原子蛍光法
 検出下限  PSA10.225/水銀:<10ppt   
PSA10.255/ヒ素(セレン、アンチモン):<100ppt
 
 測定時間  6分/1サンプル  
 寸法 PSA10.225/水銀:1100H×600W×373D(cm)  
PSA10.255/ヒ素(セレン、アンチモン):612H×600W×454D(cm)
 
 

  PSA社 
 PSA10.725 ガスクロマトグラフィー用水銀検出器
>詳細

【特徴と性能】

本装置は、ガスクロマトグラフィーに接続して、各形態別の水銀の定量を行える原子蛍光検出器です。水銀の検出方法に原子蛍光法を用いるため、ppbレベルの分析が可能です。
カラムにてサンプル中の各種の水銀を分離後、800℃のパイロチューブに送り、原子水銀にして検出器に送り、原子水銀を励起させ、蛍光を測定します

ppbレベルのアルキル水銀の分析が可能です。
・メチル水銀、エチル水銀の形態別の測定ができます。
電子補足型検出器(ECD)との併用が可能です
0-1Vのアナログ出力でお使いのソフトウェアに直接デ ータを取り込めます
・シンプルなソフトウェアで温度、感度などの設定 ができます。
 

【用途】
海水、川水、排水、雨水、生活水、土壌、ポリマー、製薬、生体試料等

測定元素 水銀、水銀化合物
方式 燃焼原子蛍光法
検出限界 1μLのインジェクションに対して0.1ppbから10ppm
 再現性  マニュアルインジェクション 5-10%
オートインジェクション    3-5%
大きさ 750H×600W×500D(mm)

ナビゲーション

アステック株式会社 応用化学事業部

〒163-0075
東京都新宿区高田馬場4-39-7
高田馬場21ビル

TEL 03-3366-0811(代)
FAX 03-3365-5577