本文へスキップ

アステック株式会社 応用化学事業部は科学機器を取り扱う専門商社です。

TEL. 03-3366-0811

〒163-0075 東京都新宿区高田馬場4-39-7 高田馬場21ビル

製品一覧PRODUCTS

トップ製品一覧

   GC分析   試料前処理ヒ素・セレン・              水銀分析硫黄分析硫黄分析ペプチド合成硫黄分析硫黄分析硫黄分析硫黄分析

全炭素メタン化リアクター

◇GC用FID前段に設置し、全ての有機化合物をメタン分子に変換するマイクロリアクター








真空紫外検出器

 ◇世界初ガスクロマトグラフィー用真空紫外検出器。






ハロゲンと硫黄測定用プラズマ発光検出器

◇ガスクロマトグラフィーに接続して塩素、臭素、ヨウ素、フッ素などのハロゲン、そして硫黄を同時に測定できるプラズマ発光検出器です。






マイクロウェーブ分解装置

 ◇12個独立のマイクロウェーブミニキャビティを搭載しており、それにより一回のマイクロウェーブ照射
  で異なるサンプルを同時に分解できます。






ペプチド合成用試薬
  

米国No.1メーカーProtein Technologies, Inc社がお届け致します。ペプチド合成用アミノ酸試薬をご提供いたします。
商品ラインナップ 
Fmoc-アミノ酸
         
シュードプロリンペプチド
  その他各種縮合剤を取り扱っておりますのでお気軽にお問い合わせください。


マイクロウェーブ・ミルクアナライザー

◇牛乳やアイスクリームなどの乳製品中の固形分を測定する装置です。


水質分析装置

 ◇水質中に含まれている毒物(水銀やヒ素など)を検出するのに適した装置です。








油分・脂肪分析装置

◇牛乳、アイスクリーム、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品中の脂肪分の測定、溶剤を使用せずに
迅速測定(測定時間1分から)
スナック、ビスケット、クラッカー中の油分量、チョコレート中の油分量測定
製粉中の油分量測定
種子中の油分・水分測定
化学繊維中の付着油剤量、固体油脂含有率(SFC)の測定
◇加工油脂のSFCをユーザーのテンパリング条件に沿って全自動で測定、
                         ロボットサンプラーは安心の日本製。
           ◇油脂の酸化度安定度測定



ペプチド合成装置  

○○○○○○○○イメージ

米国No.1メーカーProtein Technologies, Inc社は斬新で皆さまのご要望に応じた革新的な設計と開発を常に行っており、広範囲にわたるペプチド合成装置を用意しております。
少量から工業製造スケールまで対応。半自動から完全自動まで対応。
様々なレベルの柔軟性を有する合成にも対応。




NMR装置

◇ベンチトップ型パルス核磁気共鳴装置は、非破壊で試料を測定できる。
◇ポリマー密度、ポリマー中のキシレン可溶分、シェールオイルやロックコア分析等の応用。
◇10mmから60mm径のプローブを用意。




元素分析装置

石油、石油化学製品中に含まれる窒素・硫黄・フッ化物の定量。
◇1台の装置で2元素同時測定。窒素分は化学発光法、硫黄分は紫外蛍光法。
◇液体、固体、ガス/LPG試料に対応 







HPLC検出器
○○○○○○○○イメージ

市販のHPLCシステム簡単に取付け可能な検出器で、お手持ちのHPLCの分析性能を大きく向上させることができる検出器を取り扱っております。

UV吸収のない成分も高感度で検出し、従来のUV検出器やRI検出器に代わるエバポレイト光散乱検出器。
HPLC溶離液をスプリット、燃焼酸化し化学発光法により窒素成分のみを等モル応答検出するCLND検出器。アミノ酸分析を誘導化しないで実現できます。



蛍光X線分析装置  

英国Oxford社製の高精度・高感度分析が可能な汎用のエネルギー分散型蛍光X線装置です。様々なサンプル形状中の元素を定性定量ができるので幅広いアプリケーションに対応できます。
石油製品中の硫黄を高%レベルから低ppmレベルまで正確に分析。
廃棄物中(焼却灰、土壌など)に含まれる元素の分析
サンプルを容易に封入可能な試料セル






分光光度計装置

○○○○○○○○イメージ◇回転スリットによる1000スキャン/秒の高速スキャン分光光度計。
◇スタンダードサンプルによるキャリブレーション不要デュアルビームデジタル直差法円二色性分散計や赤外分光光度計の光路下で熱分解できるBrillセル。  

バナースペース

アステック株式会社 応用化学事業部

〒163-0075
東京都新宿区高田馬場4-39-7
高田馬場21ビル

TEL 03-3366-0811(代)
FAX 03-3365-5577