アプリケーション 固体脂含有量(SFC)の測定

パルスNMR(TD-NMR)を使用した固体脂含有量(SFC)の測定

脂肪は製パン、製菓およびマーガリン業界で生産される多くの加工食品の重要な成分であるため、これらの業界における固体脂含有量(SFC)の測定は極めて重要です。
脂肪は栄養と製品の消費者への訴求力に重要な役割を果たす複雑な原料です。
固体脂含有量の測定(SFC)は、食用油脂の融解挙動を理解するための業界標準の手法です。
脂肪の融解プロファイルが安定した製品を確実に提供するために注意深く管理されなければならないパラメータの1つである為、この測定は非常に重要です。

卓上型パルスNMR装置MQC+は、迅速かつ正確な固体脂含有量を測定します。
測定メソッドはAOCS Cd 16b-93、ISO 8292-1、IUPAC 2.150等、国際的に認められている標準規格に準拠しています。
また、SFC自動測定用ロボットサンプラー付恒温槽によって、テンパリングから測定までを全自動で行うことが可能です。





関連製品

パルス核磁気共鳴装置 MQC+