真空紫外検出器 VGA-101

   
VGA-101は、より長い拡張波長スペクトルとより高い許容最大動作温度を特徴とする真空紫外(VUV)検出です。 世界初のベンチトップ型VUV分光計であるVGA-100によって開拓された技術に基づいています。 VGA-100は、優れた感度と選択性を備えた定性データと定量データの両方を提供する質量に敏感な汎用ガスクロマトグラフィー(GC)検出器です。 VGA-101は、高度なアプリケーション要件に対応する次世代の検出器として設計されました。

120~400nmの波長領域の吸収を検出

VGA-101は120から400nmの波長領域の吸収を検出することができます。
240nm以降に強い吸収波長を示す多環芳香族炭化水素の測定に使用することができます。











高沸点化合物分析のためのより高い温度範囲 430℃

VGA-101は高沸点化合物を測定するためにフローセル及びトランスファーラインの温度を430℃まで設定することができます。









特集ページ

VGA-100によるデコンボリューション機能 >